安いすいかを購入したい!おいしいすいかを安い価格で買う方法は?

すいかを安く購入したい

おいしいすいかが食べたいけど、すいかって高いイメージ。
すいかを食べたくても高くてなかなか・・・となることありませんか。
結局、お手頃価格なカットすいかでいいか~!とスーパーのカットすいかを購入する方も多いのではないでしょうか。
今回はすいかの価格と、主婦魂をもって皆さんがいかにおいしいすいかを安く買えるかを考えてみたいと思います。

記事内容
・すいかは安くてもおいしいのか?
・すいかを安く購入する方法
・すいかの価格差について

年間3万個以上のすいかを選別出荷しているすいか農家で野菜ソムリエプロASUKAがおいしいすいかの選び方についてお話します。

すいかは安くてもおいしいのか?

正直に言います。
EDENに限って言えば、訳ありすいかとして販売している安いすいかもおいしいです。
見た目の形がよくない・傷がある、などすいかがお安くなっている理由は様々ですが、
EDENの訳ありすいかは皮にキズがある・日持ちしない可能性大等の理由が良品同等おいしいものがほとんどです。
そしておそらく、多くの農家さんはそうだと思います。
ただし、スーパーの見切り品やカットすいかの消費切れ間近品は別。
すいかは食べごろに収穫しており、追熟しないので、やはり見切り品になるとどうしても味落ちしていることは仕方のないことだと思います。

すいかを安く購入する方法

すいかを安く購入したい!そんな方は参考として以下の方法をお伝えしたいと思います。
ありきたりではありますが、主婦の考えはやはり王道なのでしょう。

    1. カットすいかを購入
    2. すいかの見切り品を購入
    3. すいかの旬の時期に購入
    4. 農家の直売所で購入
    5. 農家直送で買う

 

– 1.カットすいかを購入
すいかを安く購入したい場合、カットすいかは、一番手ごろで手間なくお買い得に購入できる方法ではないでしょうか。
食べたいときに、食べたい量をすぐ食べられるのはとても魅力的です。
カットすいかですので要冷蔵品。賞味期限が短いのは短所でもありますが、よく言えば冷えているすいかがすぐ食べられるのは嬉しいですよね。
私も一人ですいかを食べたいときは、真っ先に考える購入方法のような気がします。

– 2.すいかの見切り品を購入
すいかは食べごろに収穫します。追熟しないので、なるべく早めに食べるのがおすすめです。
しかし、スーパーでは陳列してるすいかが一定期間を経過すると見切り品としてお安くしてくれるところもあるかと思います。
丸ごろすいかの見切り品はあまり見かけませんが、カットすいかなら閉店間際の時間帯が可能性大ですよね。
多少味や食味が落ちていてもすいかが安く食べられたらOK!という方はぜひ。

– 3.すいかの旬の時期に購入
すいかは今となっては通年で回っていますが、基本的にすいかの旬の時期は夏。
夏場のすいかは圧倒的に流通量も多いので、比較的安いすいかが手に入りやすいのではないでしょうか。
逆に冬場のすいかは流通が少なくて希少価値があるので、すいかの値段もやはり高めですよね。
暑い夏に、ひんやりしたすいかはおいしいものです。旬の時期に食べるということは体にとっても重要なことだと思います。

– 4.農家の直売所で購入
農家の直売所があれば、そこで買うのがやはり一番お買い得ではないでしょうか。
直接購入すればもちろんどこよりもお安く購入できるはずですし、農家がおいしいすいかを選んでお渡しすることもできます。
また、形がわるい・傷が多いなどの理由だけで中身はおいしいすいかを訳あり品として安く購入する機会も多いと思います。
出荷困難な農作物を農家さんから直接購入すれば買ってうれしい、売れてうれしい、フードロスにもつながる素早くことだと思います。

– 5.農家直送で買う
今は多くの農家直送で買えるプラットフォームがあります。
例えばEDENのすいか食べチョクさんやポケットマルシェさんでも購入していただくことが可能です。



しかし、やはり価格面でいえば農家直送でご注文いただいた場合が手数料含め一番お買い得にはなりますよね・・・(内緒ですが)。
嘘じゃん!EDENのすいか高いじゃん!と思われる方もいるかもしれません。
基本的にギフト用や贈答用にもお使いいただける秀品を厳選してお送りさせていただいているためです。
いやいや!うちで食べる分だからなるべく安く買いたい!という方もご安心ください。
なるべくすいかを安く買いたい方はこちら限定コミュニティをご活用いただければと思います。
コニュニティメンバーになっていただくと、訳あり品をお買い得価格でご購入可能!
(すいかの傷の状態や日持ちに状況によりすいかの価格は多少変更がある場合がございますのでご了承ください。)

すいかの価格差について

すいか農家の価格設定基準は様々ですが、傷の状態などで価格差が生じます。
もしかしたら農家ならではでわかりにくいかもしれませんので、その階級からお話させてください。

農家が農作物を出荷するときには市場やJAさんなどによる出荷基準により農作物の階級が分かれます。
サイズによっても様々なのですが、多くの場合は以下のような感じに振り分けられるとおもいます。

【すいかの階級】
秀品 ⇒ 色形が特に優れているもの
優品 ⇒ 色形がまあまあ優れているもの
良品 ⇒ 多少傷はあるが出荷可能なもの

階級別に出荷することで階級ごとにそれぞれ価格がつけられる仕組みです。
なので、農家的にはいかに良い農作物を作るかがとても重要になります。
すいか農家のEDENのことでいえば、「いかに縞がくっきりきれいで張りつやがあって音がいいすいかを作るか」みたいな感じ。
直送販売しているすいかも、基本的には一番優れている「秀品」の一番おすすめできる自慢のすいかです。
したがって、ちょっとすいか価格も高め。
おいしいすいかの選び方別記事で書いておりますのでご参照ください。

ただ、規格外品で廃棄せざるを得ないすいかもあるのは事実。
SDGsというのは大きいかもしれませんが、未来に持続可能な農業を続けていくには、フードロスについても真剣に考えていかねばならないと思っています。
あまりにも日持ちしないすいかは、運送中のリスクが大きいので直送することはできませんが、
日持ちはしなくても、今食べればおいしいすいかは店舗直売ではすぐ食べる条件で販売可能だったりします。
そういう観点から、一番は農家直売が最もお買い得でおすすめなのはご理解いただけるのでしょうか。
農家から直接購入していただき、すいかを安く購入できてうれしいお客様と、規格外品も販売できてうれしい農家さんが、ともに持続可能な農業や未来を歩んでいけたらいいですよね。

また、規格外品ばかりを全面に押し出して直送販売すると、必要な利益を得ることができなくなり経営悪化にもつながるので、ご理解いただければと思います。
(したくてもできないという心情です・・・)

だいぶ脱線してしまいました。
今回はすいかを安く買う方法について主婦根性を出しながら考えてみました。
おいしいすいかを安く楽しんでいただくための知恵袋として参考にしていただけたら嬉しいです。

農業と子供の明るい未来のために、かしこくおいしいく食べ物と向き合っていきましょう♪

************************************

【お知らせ】
EDENではお米もちょっとだけ栽培しています!
私がいうのもなんですが、新米最高です。
食欲がとまりません!!

品種は『究極のお米』ともいわれる『夢ごこち』
冷めてもおいしい塩むすびにもピッタリなお米です!
大粒でおいしさに定評のある『コシヒカリ』
まずは、炊いたご飯をそのまま食べて、お米のおいしさを味わってみていただきたい。
農薬は慣行栽培の半分以下、化学肥料は使わず、地元の有機肥料のみで真心を込めて栽培しました。

数量限定送料無料のお試し少量パックも準備しておりますので、ぜひ今年の新米を味見してみてくださいね!
購入はこちらから!

半年間、毎月届く定期便はかなりお得です♪

夢ごこち5kg / 夢ごこち10kg

コシヒカリ5kg / コシヒカリ10kg