EDENオンラインショップへ

MENU

すいかの栄養素、シトルリンとは?すいかに含まれるシトルリンを解説

すいかに多く含まれる『シトルリン』

シトルリンってご存知でしょうか。
あまり知られていない栄養素のひとつかと思います。
シトルリンとは実はすいかに含まれる独特の栄養素。
今回はすいかに含まれる栄養素の一つ、シトルリンについて詳しく知っていきましょう。

記事内容
・シトルリンとは
・シトルリンの健康効果
・シトルリンの摂取量は?

年間3万個以上のすいかを選別出荷しているすいか農家で野菜ソムリエプロASUKAがすいかの栄養成分シトルリンについてご説明します。

 

シトルリンとは

アミノ酸の一種でスーパーアミノ酸とも言われているシトルリン。
1930年に、日本でスイカから発見された栄養成分なんだとか。
シトルリンはスイカの原種といわれているカラハリ砂漠の野生のスイカに多く含まれており、光が強く乾燥した過酷な環境で生きていくのに大切な役割を果たしている成分だと考えられています。血流のながれをサポートしたり、冷えやむくみの予防にもよい働きが期待できます。
血流がよくなったり、代謝が上がることで美肌にもうれしい栄養素。
シトルリンは皮にも豊富に含まれているので、できればぬか漬けなどで活用できるとより効果的に摂取できます。

シトルリンの健康効果

ではシトルリンを摂取することでどのような健康効果が期待できるのでしょうか。

①血流促進で冷え・むくみ改善をサポート

②運動パフォーマンスの向上・疲れた時に

③お肌にもうれしい

①血流促進で冷え・むくみ改善をサポート
シトルリンは血流をスムーズに促すがあるので、冷え予防やむくみ改善に効果的と言われています。
また、血管をしなやかにする働きが動脈硬化を緩和するものとして期待されています。
②運動パフォーマンスの向上・疲れた時に
シトルリンは血管を拡げる作用によって血流が増加し、疲労感の軽減や運動時の持久力をupなど、運動パフォーマンスを向上させるといわれています。
トップアスリートやスポーツ愛好者の間では、運動前に摂取することで即効的なパフォーマンスアップにつながると広く認知されています。
③お肌にもうれしい
血流がよくなり基礎代謝がよくなると、お肌をきれいに保つことにもつながります。女性にはうれしい効果です。

シトルリンが脳内の血流量を活発にすることで脳を元気にし、やる気や記憶力を高める効果もあると言われています。
体内の血流が促進されることで、広がる健康効果は大きいものなんですね。

 

シトルリンの摂取量

シトルリン研究会様の情報を見ると、目安となる摂取量は決まっていないけれど、1日に800mg程度の摂取量が推奨されるそうです。

すいかをはじめ、シトルリンを多く含む食品の含有量は下記の通り。
(以下含有量リストグリコ様ページ参照)

 

食品名 含まれる量(100gあたり)
スイカ 180mg
メロン 50mg
冬瓜 18mg
キュウリ 9.6mg
ニガウリ 16mg

 

シトルリンはそもそも毒性が低いので、過剰摂取の心配はないそう。
これまでにそういった健康被害の報告もないとの事。
サプリメントでの過剰摂取は別ですが、すいかを食べ過ぎによる過剰摂取なら心配は不要のようです。
ぜひ安心してすいかをお楽しみください。

関連する記事

この記事を書いた人

野菜ソムリエプロ ASUKA

野菜ソムリエプロ ASUKA

EDENの農作物と一緒にぬくもりを、そして野菜ソムリエとしてちょっと役立つ情報をお届けいたします。4人の母で自分自身も消費者として家族の健康を考えた食事にも関心が高いです。

function custom_my_account_menu_items( $items ) { unset($items['downloads']); return $items; } add_filter( 'woocommerce_account_menu_items', 'custom_my_account_menu_items' );