EDENオンラインショップへ

MENU

【ほうれん草の保存方法】鮮度・風味をたもつ保存テクニック

ほうれん草の鮮度・風味をたもつ保存テクニック

おひたしや炒め物、和え物など大活躍のほうれん草。彩りも良いのでさまざまな料理に活用できる緑黄色野菜の代表選手です。栄養価も高く、積極的に食べたい野菜のひとつ。

そんなほうれん草ですが、使い切る前に、気づいたらいつの間にか葉っぱがシワシワになってしまっていた!という経験はありませんか?
せっかく買ったほうれん草、上手に保存して長持ちさせたいですよね。なるべく新鮮なまま、おいしくいただくコツをつかんでいきましょう!

今回は野菜ソムリエプロASUKAがほうれん草の正しい保存方法と長持ちのコツをご紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね!

【この記事の内容】
・ほうれん草の冷蔵保存
・ほうれん草の冷凍保存
・おいしいほうれん草の選び方

 

ほうれん草の冷蔵保存

ほうれん草は乾燥に弱い野菜。
保存する際は、キッチンペーパーなどを使って乾燥しないように注意することが重要です。

 

ほうれん草の冷蔵保存方法

⑴傷んでいる葉を取り除く。
⑵湿らせたキッチンペーパーでほうれん草を包む。
⑶冷凍保存用袋に入れる。
⑷冷蔵庫の野菜室で葉を上にした状態で、立てて保存する。

ほうれん草の冷蔵保存期間

ほうれん草をそのまま冷蔵保存する場合は約1週間を目安に使い切りましょう。

 

ほうれん草の冷凍保存

ほうれん草はすぐ使わない場合、冷蔵保存が便利です。下茹でして使う分量に分けて冷凍保存しておけば、さっと必要な時に手軽に使うことができます。

ほうれん草の冷凍保存方法
⑴傷んでいる葉を取り除く。
⑵きれいに洗って、切らずにたっぷりのお湯でかために塩ゆでする。
⑶冷水にさらしてアクを抜き、しっかり水気を絞る。
⑷食べやすい大きさにカットする。
⑸使いやすい量に小分けにしてラップで包む。
⑹小分けにしたものを冷凍用保存袋に入れて冷凍室で保存する。

ほうれん草の冷凍保存期間

冷凍保存したほうれん草の使い切り目安は約1か月。使う用途によってカットを変えるとよいでしょう。みじん切りして冷凍保存すると、離乳食やちょっとした彩りに使えて便利です。

 

おいしいほうれん草の選び方

ほうれん草の保存方法とあわせて、ほうれん草を選ぶコツも知っておきましょう。
ほうれん草の旬は12月~2月の冬の時期。旬のほうれん草は色が濃く、甘みが増して特においしいものです。旬の時期以外でも、いまは比較的1年中手に入りやすい野菜でもありますよね。

そんなおいしいほうれん草の選び方のポイントは下記3つ。

おいしいほうれん草の見分け方
①葉の色
②葉のみずみずしさ
③根の付け根

①葉の色
葉の色が緑色が濃くて鮮やかなものを選びましょう。新鮮な証拠です。

②葉のみずみずしさ
葉先にハリがありみずみずしいもの、葉肉に厚みがあるものを選びます。ほうれん草は乾燥に弱いので、収穫から期間があくとしなびてしまいます。

③根の付け根
根の付け根の部分も注目してみましょう。ふっくらとしているものの方が鮮度が高く、甘みがあります。
また、根の付け根は栄養素が高く、実は甘くておいしい部分。きれいに洗って捨てずに使い切りましょう!

スーパーで購入してから、自宅で保存しておくことを考えると、買う時点ではなるべく新鮮なほうれん草を選びたいですね。
ちょっとした選ぶときのポイントを知っておくと、買い物してから腐っていた!すぐダメになってしまった!などの失敗を防げます。

関連する記事

この記事を書いた人

野菜ソムリエプロ ASUKA

野菜ソムリエプロ ASUKA

EDENの農作物と一緒にぬくもりを、そして野菜ソムリエとしてちょっと役立つ情報をお届けいたします。4人の母で自分自身も消費者として家族の健康を考えた食事にも関心が高いです。

function custom_my_account_menu_items( $items ) { unset($items['downloads']); return $items; } add_filter( 'woocommerce_account_menu_items', 'custom_my_account_menu_items' );