EDENオンラインショップへ

MENU

お米の栄養素を知ろう!おいしいお米につまっている農家の想いと魅力。

 

お米の魅力、知っていますか?

みなさん、普段しっかりお米食べていますか?
実際のところ、お米=炭水化物というイメージで敬遠する人も少ないくないのではないでしょうか。

しかし、子どもを持つお母さんたちに知ってほしいことがあります。
実は「朝ごはんをしっかり食べる習慣のある学生ほど、テストの正答率が高い」傾向があることをご存じでしょうか?
私たちの体の生命維持に欠かせない司令塔は脳。この脳を働かせる唯一のエネルギー源がブドウ糖です。
お米に多く含まれている炭水化物は、体内でこのブドウ糖に分解され、学力に活きるエネルギー源として利用されるのです。

そんな事実がわかると、お米は決して悪ではないと思いませんか?
子どもたちが活発に過ごし、意欲的に学習するため、そして私たちが元気にお母さん業や仕事をこなすためには、お米を中心としたバランスの良い食事を取ることが大切なのです。

今回は生まれも育ちも米農家で野菜ソムリエプロASUKAがお米の栄養素と魅力をお伝えしていきます。
お米について理解を深め、もう一度食生活を見直していきましょう!

【この記事の内容】
・ごはんで頭が良くなる?
・ごはんでキレイになる?
・朝ごはんと幸福度
・米農家の想い

 

ごはんで頭が良くなる?

ごはんを食べれば誰でも天才になるのかといわれたら残念ながらご期待に添えることはできませんが、ごはんと学力向上の関係について少し述べたいと思います。
私たちの体の司令塔である脳。その脳の唯一のエネルギー源はブドウ糖です。このブドウ糖は、体内にたくさん貯蔵できないため、実は朝には欠乏状態。そのため欠乏状態の脳を活発に働かせるためには、一日のはじまりに朝ごはんでエネルギーを補うことがとても大切です。
ブドウ糖が不足すると脳は活発な動きが妨げられ、学習や仕事効率の低下に影響を及ぼす可能性があります。
そういった悪影響を防ぐためにも、ゆっくり消化・吸収されるお米(ご飯)は、とても理にかなったエネルギー供給源と言えるでしょう。
不足したブドウ糖を血液中に補い、長時間維持することのできる”お米”を朝ごはんできちんと食べることは、効率よい学習や仕事にもつながります。

 

ごはんでキレイになる?

ごはんを食べれば誰でも美人になるのかといわれたらこれも残念ながらご期待に添えることはできませんが、ごはんと美容の関係は無視できません。
お米には炭水化物以外にも下記の様にさまざまな栄養素が含まれています。

【お米に含まれる主な栄養素】
・炭水化物
・たんぱく質
・脂質
・カルシウム
・鉄分
・マグネシウム
・亜鉛
・食物繊維
・ビタミンB1
・ビタミンB2    など

お米に含まれる食物繊維は便秘を防いで大腸をきれいにする働きがあります。
また、お米にはお肌の健康にかかせないビタミンB1・B2なども含まれているので、美肌にも効果的と考えられるのです。

【ごはんは太る食べ物か?】
私は「ごはんは太る」というのは誤解だと思っています。
元エステティシャンの私の知見を踏まえていうと、ごはんに限らず、なんでも食べ過ぎれば太る原因となるのです。
お米の場合でいえば、小麦の粉からできているパンや麺類より、粒のまま炊くごはんは、ゆっくりと消化・吸収されるため、腹持ちが良く逆に間食を控えやすくなります。また、体に脂肪をつきやすくするホルモンの分泌が緩やかになり、体脂肪の蓄積を抑制する作用もあるのです。ごはんは太るというイメージでお米に対して嫌悪感を抱くのはむしろもったいないことだとすら感じてしまいます。

 

朝ごはんと幸福度

さらに、お米に関しての興味深いお話を紹介します。
『脳を鍛える大人の計算ドリル・音読ドリル』で一躍有名になった、東北大学の川島隆太教授を中心に、2010年には興味深い調査が行われたのをご存知でしょうか。
その調査結果では、朝ごはんを食べる習慣と、幸せ度と生活満足度との関連性が明らかになっています。
20代から60代の社会人の男女1000人を対象に行った調査の結果、朝食をとる習慣のある人は、ワーク・ライフバランスがとれ、幸福感や生活満足度が高いということがわかったのです。

川島教授は「社会人として、幸せを享受するには朝食が必要。最近、心から笑っていない、なんとなく人生がうまく回っていない、気持ちが落ち込みがちだ、仕事がだんだんつまらなくなってきた、これらに思い当たる人は、ぜひ朝食習慣を見直してみてください」とも話されています。
【日本生活習慣病予防協会:朝食で幸せ度がアップ 朝ごはんを毎日食べる人は満足度が高い参照。】

朝ごはんにお米を食べることで、学力や幸福度、さらに生活満足度まで高くなるなら、食べることに損はないと思いませんか。

 

米農家の想い

農家とつながることで食卓をより楽しく”買って食べる”から”知って食べる”へ。

私は代々続く米農家の跡取り娘として生まれ育ちました。
戦後の農家の様子も聞きながら、祖父母の代からの農業、農家の苦労やお米にかける想いも体感してきました。
たかがお米、されどお米。お米中心の食生活が私たちの命や健康につながっているのです。

私たちが当たり前に食べているお米。そのお米が食卓に上がるまでのストーリーも知ってほしい。

農家とつながって栽培の様子も知ることで、より心豊かに、ぬくもりある家族の食卓が楽しめるのではないでしょうか。

関連する記事

この記事を書いた人

野菜ソムリエプロ ASUKA

野菜ソムリエプロ ASUKA

EDENの農作物と一緒にぬくもりを、そして野菜ソムリエとしてちょっと役立つ情報をお届けいたします。4人の母で自分自身も消費者として家族の健康を考えた食事にも関心が高いです。

function custom_my_account_menu_items( $items ) { unset($items['downloads']); return $items; } add_filter( 'woocommerce_account_menu_items', 'custom_my_account_menu_items' );