EDENオンラインショップへ

MENU

アスパラガスのおいしい茹で方とは?簡単アスパラガス下処理

春が旬のアスパラガスは、上手に茹でるのがおいしくいただくコツ。
上手に茹でないと食感がわるくなったり、水っぽくなったりと、せっかく新鮮なアスパラガスを存分に楽しめません。
別の記事でアスパラガス簡単レシピの記事を紹介しておりますが、今回はアスパラガスのおいしい茹で方について紹介します。
アスパラガス茹で方簡単

アスパラの下処理(下ごしらえ)

アスパラガスは部位によって固さが違うので、火の通りやすさも変わってきます。まずは固い部分を取り除きましょう。茎の下の方を両手で持ってしならせると、ポキンと折れるところがあります(だいたい根元から4~5cm)。折れたところより上は皮も柔らかいので、おいしく食べられます。これより下は、皮の繊維が固いので取り除きましょう。太いアスパラガスや、根元のかたい部分は、皮をピーラーで薄くむくことで、おいしくいただけます。

アスパラガス茹で方簡単

おいしく茹でるポイントは「時間差」

根元の部分と穂先では火の通り時間が異なります。アスパラガスを茹でるときは「根元から先に入れる」のが鉄則です。
アスパラガスが1本そのまま入る大きさの、鍋やフライパンにたっぷりのお湯を沸かします。
沸騰した湯に塩を入れ、アスパラガスの根元から先に入れ、10~20秒ほどしたら、倒すようにして全体を入れて茹でます。
アスパラガスのゆで時間の目安は「普通の太さで1分~1分30秒程度」「太めのもので2分強程度」くらいでしょうか。
余熱で少し柔らかくなるので、少し固さが残るくらいがちょうどよいでしょう。軽く上下を返すように動かしながら茹でると均一に火が通ります。
アスパラガス茹で方簡単

火を止めたら、ザルに上げて冷まします。下にトレイやボウルなどおいてザルの下に空気が通る隙間を作ると粗熱が取れやすく、変色しにくくなります。

時間がないときや緑色を鮮やかに仕上げたいときは、冷水に取って手早く冷まし、早めに水気をきりましょう。長く水につけておくと、食感がみずっぽくなってしまうので、ここはささっとスピード勝負です。
アスパラガス茹で方簡単

アスパラガス時短茹で方!レンジで簡単

アスパラガスを少量だけ茹でたいときは、電子レンジでの調理が便利です。
アスパラガスをあらかじめ食べる長さにカットし、水にさっとくぐして耐熱容器に入れ、ふんわりとラップをかけたら1~2分加熱しましょう。
さらに、細めのアスパラガスなら、1本のままクッキングシートにくるんで1分ほど加熱、ひっくり返してさらに1分加熱します。
加熱後はクッキングシートを広げて素早く粗熱をとり、変色を防ぎます。
レンジで簡単アスパラガス茹で方はこちらの動画でも少し紹介しておりますので、よかったらご覧ください。
アスパラガス茹で方簡単レンジ

笑伝アスパラガスは雪解けを待って5月頃には顔を出す予定です!
お楽しみに!

この記事で紹介している
「朝採り新鮮直送!ジューシー笑伝アスパラガス」はこちら

関連する記事

この記事を書いた人

野菜ソムリエプロ ASUKA

野菜ソムリエプロ ASUKA

EDENの農作物と一緒にぬくもりを、そして野菜ソムリエとしてちょっと役立つ情報をお届けいたします。4人の母で自分自身も消費者として家族の健康を考えた食事にも関心が高いです。

function custom_my_account_menu_items( $items ) { unset($items['downloads']); return $items; } add_filter( 'woocommerce_account_menu_items', 'custom_my_account_menu_items' );