EDENオンラインショップへ

MENU

農家直伝!野菜長持ちのコツ、おすすめキャベツの保存方法

 

 

キャベツの保存方法と保存期間、長持ちテクニック

こんにちは。山形県米沢市ですいかや野菜を栽培している野菜ソムリエプロASUKAです。
EDENでは冬期間限定でキャベツを生産販売しています。

キャベツは、さまざまな料理に使えて便利な野菜ですが、保存するのが難しいと思う方は多いのではないでしょうか。
1個丸ごと買った方がお得なのはわかっているけど、全部使い切るのは意外と大変に感じることもありますよね。
特にEDENではキャベツBOXも販売しているので、キャベツBOXやミニキャベツBOXを長くおいしく楽しんでいただくためにキャベツの保存方法を詳しくお伝えしたいと思います。

この記事では、現役キャベツ農家で野菜ソムリエプロASUKAが丸ごとキャベツ、カットキャベツ、それぞれの保存方法を詳しく解説していきます。

【この記事の内容】
・丸ごとキャベツの保存方法
・カットキャベツの保存方法
・さらに長く保存!キャベツの冷凍保存
・合わせて知りたい、おいしいキャベツの選び方

 

比較的お手頃価格で1年中手に入りやすく、いろんなお料理に使えて便利なキャベツ。
そんな万能野菜、キャベツの保存について詳しく知っていきましょう!

丸ごとキャベツの保存方法

キャベツにとっての最適な温度は0~5℃と比較的涼しい環境を好む野菜。
基本的には冷蔵庫(野菜室)で保存しましょう。
ポイントは「芯」
丸ごとキャベツの保存方法で重要になってくるのは「芯」の部分。
外の葉からいたみやすいように感じますが、実はキャベツの芯は収穫後も成長しようと働き、中心部から水分が抜けてしまいます。

もし丸ごとのキャベツを購入した場合は、まず芯を包丁やスプーンで繰り抜きましょう。
くり抜いた部分に湿らせたキッチンペーパーをつめたら、全体を新聞紙で包み、ポリ袋に入れて冷蔵庫で保存します。
(保存期間目安:2~3週間)

 

便利グッズ活用も◎
芯をくり抜く手間なし!実はキャベツやレタスの芯を傷つけて成長を遅らせる便利グッズもあります。
使い方は超簡単!キャベツの芯にグサッと刺すだけ。
芯を傷つけて成長速度を遅らせ、キャベツを長持ちさせるという便利なアイテム。
かわいいデザインがSNSやテレビで話題になることも。


ベジシャキちゃんはLoftなどで購入できるようですよ。
また、ベジシャキちゃんに似ているアイテムが100均のセリアにも売られていました。
その名も「野菜フレッシュキーパー」。

 

グサッと芯に刺すだけキャベツやレタスにも使える簡単便利アイテム。

ESSE Onlineでは「本当に買ってよかった100均グッズ」として紹介されているので、多くの方がその効果を実感しているようです。
キャベツを長持ちさせる便利アイテム、もし気になる方はぜひ試してみてくださいね。。
洗って何度も使えるのもうれしいポイントです。

カットキャベツの保存方法

キャベツは丸ごと買うのがおすすめですが、半分にカットされたキャベツを購入したり、おうちでカットして余りを保存する場合もありますよね。
1/4などにカットしたキャベツはまず芯の部分を切り落としましょう。

その後は塗れた新聞紙やキッチンペーパーでキャベツを包み、ポリ袋に入れたら、袋の口は軽く閉じて冷蔵庫の野菜室で保存します。
この時、袋の口は完全に密封しないように気を付けましょう。密封するとキャベツが呼吸できなくなり、変色や劣化の原因となります。
そして、カットキャベツは丸ごとキャベツと比べるとあまり日持ちしないので要注意。なるべく早めに食べ切ってください。(保存期間目安:1週間以内)

 

さらに長く保存!キャベツの冷凍保存

キャベツをすぐに使わない場合はより長く保存方法するために冷凍しておくとよいでしょう。
キャベツの冷凍保存は、せん切りまたはざく切りにして冷凍用保存袋に入れ、空気を抜いて冷凍保存すると1か月ほど保存可能です。
キャベツは生でも火を通してでも冷凍保存OK。
火を通したものも、生と味にさほど変わりはないので、手間いらずの生で冷凍するのがより簡単です。
キャベツの冷凍保存のポイント
キャベツを冷凍するときは、いかに短時間で冷凍させるかが大きなポイントです。可能ならば急速冷凍モードで冷凍しましょう。
短時間で冷凍すると、食感や風味が損なわれにくくなります。
また、自分の使いやすい大きさにカットしてから保存袋に入れて保存すると、そのまま料理に使えてとても便利です。

冷凍保存の場合は、生キャベツよりどうしても食感は劣りますが、加熱料理なら味なじみは早いので時短料理になります。
煮込み料理なら食感はそれほど気にならないでしょう。
コールスローなどのサラダにする場合は自然解凍し、出てきた水気を絞ってから使ってくださいね。

合わせて知りたい、おいしいキャベツの選び方

キャベツは収穫されてからお店に並んで皆様がお買い物するまでにも徐々に鮮度を失っています。
なるべく新鮮なものを購入し、正しい方法で保存することが重要です。
新鮮で美味しいキャベツを見分けるポイントは主に3つ。

おいしいキャベツの見分け方
①ずっしり重い
②葉にハリとツヤがある
③切り口の変色などがない

①ずっしり重い
キャベツは持った時にずっしりと重みを感じられるものがおすすめ。
ずっしりとしたキャベツはしっかりと葉が詰まっていて、みずみずしく柔らかいのが特徴です。

②葉にハリとツヤがある
キャベツも収穫から時間が経つと乾燥していくので、葉にハリとツヤがあるものは新鮮な証拠。

③切り口の変色などがない
キャベツの芯の切り口は、時間が経つほど黒ずんできます。
芯の切り口はなるべく変色のない白めのものを選びましょう。

スーパーで購入してから、自宅で保存しておくことを考えると、買う時点ではなるべく新鮮なキャベツを選びたいところです。

関連する記事

この記事を書いた人

野菜ソムリエプロ ASUKA

野菜ソムリエプロ ASUKA

EDENの農作物と一緒にぬくもりを、そして野菜ソムリエとしてちょっと役立つ情報をお届けいたします。4人の母で自分自身も消費者として家族の健康を考えた食事にも関心が高いです。

function custom_my_account_menu_items( $items ) { unset($items['downloads']); return $items; } add_filter( 'woocommerce_account_menu_items', 'custom_my_account_menu_items' );