寒中キャベツとも違った美味しさ!旬の春キャベツ。キャベツの歴史と栄養素

こんにちは!
野菜ソムリエプロASUKAです。
今回は、旬の春キャベツについてのnote記事です。

キャベツの栄養

ビタミンC、Kが豊富。
風邪の予防や疲労の回復、肌荒れなどに効果があるビタミンC、血液の凝固促進や骨の形成に効果的なビタミンK。

キャベジンの別名をもつビタミンU
キャベジンと呼ばれるビタミンUはキャベツから発見された成分。抗潰瘍作用があり、潰瘍の予防に効果的。

 

春キャベツの特徴

ぎっしり詰まって甘さが詰まった寒中キャベツに対して、3月~5月に楽しめる春キャベツは、やわらかな食感が特徴です。
サラダやあえ物で食べると優しい食感が活きてきます。葉の緑部分には葉酸やβカロチンも含むので、油との相性がよく、炒めものにおすすめ。
火を通しすぎないようにさっと炒めると良いと思います。
同じキャベツでも、その時期で食感や味の違いが楽しめます。

ぜひ、旬の食材を楽しんでいただければと思います。

Follow me!