白鳥の旅立ちに感じる自然豊かな光景と未来に残ってほしい自然と心の豊かさ

こんにちは!野菜ソムリエプロASUKAです。
最近では、早朝から白鳥の声で目覚める時があります。

そう感じていたら、なんと畑に向かう途中の田んぼが白鳥の湖を化していました!!
これから、北に旅立つ準備をしているのでしょうか。

その光景を見ながら、子供たちが「かわいいーーーー」というのです。
私は笑ってしまいました。かわいいより、「かっこいい」と私は思うんだけどな。と・・・(笑)

でも、こんな自然の中で育つ子供たちは幸せだとしみじみ・・・・

自然の中で自由に生きる

自然の中で、生きるのってとても大変です。
それは農業でも同じ。
それでも白鳥たちは自由に、優雅に、気高く生きている。

農業という職業の魅力は「自由」な部分でもあると思います。
補助金とかでいったら、守られている部分はあるけれど、会社員のようには社会的に守られていない。
だからこそ、頑張って生きようとするエネルギーが沸くのかもしれません。

田舎の風景が「懐かしい」

なぜかだれしもそう思うのは、都会の人も同じなのかな?と思う時があります。
昔話を聞いて育つから、絵本の影響なのか、明確には言えませんが、懐かしい場所を思い出すときの心は穏やかなのではないでしょうか。農業をしていると、空の様子とか、ものすごく毎日肌で感じたりするんですよね。

私たちが、その環境の中で育った野菜を食べてもらうときに、やっぱりこの景色も感じて食べてもらったら、より食卓が豊かになるのではないかなと、改めて感じたのでした。

 

より豊かな心を

このコロナの状況や、オンライン化が進んだり、地震が頻発している状況で、未来への不安はより強くなってしまいますよね。
でも、まだ先のことをただ不安がっていてもしょうがないときもあります。
目の前のやるべきことをしっかりやって、「今」この時を最大限に楽しむことも重要かなと感じます。
今観える風景をめいっぱい感じて、楽しむ。「生きる」喜びって、そういうことなのかなって思ったのでした。

農業をはじめてから、「まだ水曜日か・・・」とか「明日から仕事か・・・」と感じる事は全くと言っていいほどなくなりました。
「もう金曜日!?」「明日から子供たち在宅か~(仕事がはかどらないじゃん・・・(´;ω;`))」とよく思っています(笑)
母親失格と言われるかもしれませんが、毎日全力で生きている実感があります。

週末は、子供たちとお散歩しながら、畑の様子をみたり、のんびりとでも仕事します。
この風景が、10年後20年後どうかわっているのかなと考えてみるのも楽しいものです。
豊が自然も少しは残っているといいなとささやかに期待はしていますが・・・どうでしょう。

こういう農業している私たちの自由な生き方をみて、子供たちの気持ちも豊かに育ってほしいなと感じる次第です!

 

では、また!

 

 

Follow me!