答え→それは、栄養バランスが崩れるからです。

栄養バランス、心身のバランス、需要と供給のバランス。
夫婦のバランス←!(笑)
バランスが崩れると、健康が維持できなくなったり、関係が悪化したり、
経済がうまく回らなくなったり・・・
この世の中、意外とバランスって大事です。そんなお話。


 

2020年、新型コロナウイルスの影響が世界に広がりました。
そしてこれからも、長くひびいていきそうですね。
今、当たり前の事が当たり前じゃなくなることもあるのだという事に個人的に衝撃を受けました。

こどもたちが、今好きなものを好きなだけ食べられているけれど、そうじゃなくなる心配もあるんだと母として感じました。
そして改めて、食べること&生きることを子供たちとあらためて見直していかなければとおもったのです。
これ食べられない。これじゃなきゃ食べられない。これ好きじゃない。
今は、それでもいいのだけれど、いざというとき、それでは生きていけない恐れもあるのだと。。。

正直、今は好き嫌いしたって、サプリメントや栄養食品がありふれているし、無理して食べさせなくてもいいかな、と思えます。
無理してたべさせようとすると、親もイライラするし、子供だってますます嫌いなものが大嫌いになるし。

でも、これからの世の中、平和が永遠に続くとも限らない。
好き嫌いで健康に生き抜くチャンスを棒に振るのは、避けてほしいなと感じる親心。
万が一の危機的状況に、自分の命を繋ぐ考え方や術を子供自身が身に着けていてくれたらいいな。
そんな思いで、このページは独り言のように書いています。
親子でかんがえるきっかけになったら、と思います。

実は、幸いうちの子はあまり好き嫌いがなくて、お菓子も大好きだけど、ご飯もしっかり食べてくれます。
苦手な野菜でも、一緒に植えたり収穫したりした野菜は、子供たちもまずは率先して一口頑張って食べる。
それとうちの子たちは、雑草を採ってきて「これ食べられる?」と、自分から聞いてくることが多々あります。(!)
教えていないけれど、農家の背中を見て、自然とそうなるんだな~と感心することも多々。
そういう体験込みの食卓も好き嫌いが多い子には有効かなと思います。
体験ができないご家庭には、笑伝の栽培ページをや笑伝チャンネルをご覧いただき、「こうやって作っていたんだね!」「こうやってここにきた野菜だね!」と、食卓のネタにしていただけたらと思います!(笑)
そして、笑伝のお野菜も直接買って、美味しかったね!いや、今年のはイマイチだね!なんて、ご感想いただけるとよりはげみになります!